特集記事

2019.10.04

SPECIAL

特集記事

徹底追及第16弾!!

「チケット高額転売問題」について考える

「チケット適正流通協議会」発足

6月14日に施行された「チケット不正転売禁止法」や、ユーザーが安心して利用できる二次流通サービスに関する情報提供を行っていくことを目的とした「チケット適正流通協議会」が発足されました。今回はこの協議会の活動内容について報告します。

text:東條 岳弁護士(Field-R法律事務所)

チケット適正流通協議会とは

 去る2019年6月14日、チケット適正流通協議会(英語名:FAIR TICKETING ALLIANCE JAPAN[略称:FTAJ])が設立されました。
 FTAJは、これまで「転売NO」を推し進めてきた、日本音楽制作者連盟、日本音楽事業者協会などのプロダクションの団体、プロモーターの団体であるコンサートプロモーターズ協会、大手プレイガイド4社で構成されるコンピュータ・チケッティング協議会に日本2.5次元ミュージカル協会を加え、さらに電子チケット事業者8社(原稿執筆時点)により構成されています。
 FTAJの目的は、同日に施行された「チケット不正転売禁止法」(特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律)に関する理解を促進するための情報提供をユーザーやチケット販売に関わる事業者に対して行うとともに、ユーザーが安心して利用できる二次流通サービスに関する情報提供も行っています。

具体的な活動内容

 具体的な活動のひとつとして、チケット不正転売禁止法に関するユーザー向け、事業者向けFAQの作成、公開や、「FTマーク」(右欄参照)の推奨活動を行っています(http://ftaj.jp/)。
 近年、インターネットを通じたチケットの販売が一般的なものとなりましたが、国内、海外の事業者を問わず、主催者の許諾のない様々なチケット転売サービスが提供されており、それらの非公式な転売サービスにより購入したチケットに関するトラブルが多発していました。実際、通常の販売価格であると勘違いして高額のプレミアムがついた対価を支払ってしまった場合や、チケットを会場に持参したのに入場することができないなどといったケースが発生しています。また、これらの非公式な転売サービスはインターネットにおける検索上位に表示されたり広告として表示されるなど、公式販売サイトであるとユーザーが勘違いして購入してしまうケースも多く見られました。
 これらの状況を改善するため、FTAJとしては、「FTマーク」という公式チケット販売サービスであることが確認できるマークを作成し、FTAJの会員社のサービスにおいて掲示しています。「FTマーク」が掲載されているチケット販売サービスは、一次販売、二次販売であっても、公式なチケット販売サイトであるとして、そこで購入されたチケットに関する入場が保証されることになります。
 また、法律の施行を受けて、すでにいくつかのライブやコンサートのチケットが特定興行入場券として販売されていますが、FTAJでは、特定興行入場券として販売されているチケットの券面に「特定チケット」という表記を行うことを推奨しています(下欄参照)。
 法律上の「特定興行入場券」に該当するかについては、販売時に明示されていることがほとんどですが、券面からはわかりにくいところがあります。そこで、「特定チケット」と券面に表記することにより、そのチケットが「特定興行入場券」として販売されていること、そして、不正転売を行うと刑事処罰を受ける可能性があることをわかりやすく表示するようにしています。
 今後は多くのチケットが「特定チケット」として販売されることになりますが、FTAJとしては、ユーザーの利便性を損なわないような新たな二次流通サービスや本人確認方法に関する検討、研究などにも取り組んでいます。

音楽ファンのみなさまへ

 音楽ファンのみなさんにライブやコンサートのチケットに関する正しい知識を身につけていただくことで、チケットに関するトラブルに巻き込まれず、安心してライブやコンサートを楽しんでいただけるように、今後もFTAJは情報提供、注意喚起を行っていく予定ですので、FTAJのウェブサイトにアクセスしてみてください。  公式の販売サイト、公式の二次流通サービスでチケットを購入することがライブエンタテインメントを安心して楽しむための第一歩ですから、チケットを購入しようとしているウェブサイトなどに「FTマーク」があるかないか、気に留めてみてください。

FTマーク

FTマークとは?

「FT(フェアチケッティング)マーク」とは、音楽ファンが安心してチケットを購入するための目印となるマークです。正規の販売主体である、または、やむをえない理由で公演に行けなくなった際に利用される正規の二次流通サービスであることを示すために、当協議会が定める運用基準に準拠したチケット販売事業者、二次流通サービス事業者などに付されることが推奨されています。




「特定チケット」について

「特定チケット」について

チケット適正流通協議会では、2019年6月14日に施行された「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通確保に関する法律」に定められ、不正転売を行うと処罰される場合がある「特定興行入場券」であることを音楽ファンにわかりやすく明示するため、チケットの券面右上に「特定チケット」という表示を推奨しています。

タグ: