特集記事

2017.03.15

SPECIAL

特集記事

Spincoaster 林 潤さん

セレクトの早さとセンスの良さに注目

Spincoaster 林 潤さん
株式会社Spincoaster

感度の高い人たちの間で評判の音楽WEBメディアがSpincoasterだ。 代表の林さんに、同サービスがメディアとして注力していることのほか、 最近のトレンドや、これからの音楽シーン予測についてもお聞きした。

text:ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)

やっぱり音楽に詳しい人の
純粋なレコメンドが一番面白いと思っています。

“心が震える音楽との出逢いを”がコンセプト

Spincoasterの音楽WEBメディア展開のコンセプトを教えてください。

“心が震える音楽との出逢いを”というコンセプトで音楽WEBメディアとしてSpincoasterを作りました。会社化してから理念を考えるようになったんですけど、“音楽を通じて人生を豊かに過ごせる人を増やしたい”という想いがSpincoasterの活動の根源であることに気づきました。それを実現するには、リアルでも話し合える音楽コミュニケーションの場が必要だなと。そこで、良い音で聴ける、お酒が飲めるハイレゾバーを作ることになりました。

WEBメディアとしての特徴は?

よくあるニュースサイトのようなプレスリリースの受け売りではなく、キュレーターが自信を持って探してきた音楽を、CDショップやセレクトショップのポップ的に音が聴ける状態でレコメンドすることを心掛けています。ユーザー体験にもこだわっていて、楽曲を聴きながら記事遷移しても音がストップせずに文章が読めるように気を配っています。

ピックアップするアーティストのセンスが良く、セレクトがとても早いですよね。

はい。いわゆるアンダーグラウンドだったりの無名アーティストもいち早く紹介することを心掛けています。キュレーターは面接して選んでまして、記事や紹介のセレクトはキュレーターを信頼して任せています。ほかのメディアと違い広告記事を掲載していないので、キュレーター本人の意思と反して紹介するということはありません。“良い音楽に出逢い、紹介したいから紹介する”という純粋な気持ちを大事にしています。やっぱり音楽に詳しい人の純粋なレコメンドが一番面白いと思っています。

最近の音楽シーンの傾向などありますか?

国内に関して言うと、去年の星野源のヒットがありましたが、ブラックミュージック界隈に影響を受けているアーティストが面白いですね。Suchmosもそうですけど、あのへんのリバイバルと言いますか、そうしたシーンに勢いを感じます。

有名人がプレイリストを作るだけで曲がヒットする可能性も

Spincoasterに掲載してもらいたいアーティストは、どうすればチャンスをいただけますか?

press@spincoaster.com宛てにメールでご連絡ください。キュレーター全員で聴かせていただきます。あと、うちのバーに来てくれたことをきっかけに楽曲を知ってピックアップしたアーティストもいます。

ちなみに、そのバー「SPINCOASTER MUSIC BAR」を使ってのコラボイベント展開もなさってますよね。moraと連携されていたり、配信をからめた立体的なメディア展開もしやすいというか。

頻繁にやってますね。moraでのハイレゾ楽曲の発売タイミングで購入者特典イベントとして場を使っていただいてます。GLIM SPANKYのときは、ツイキャスで生配信もやられていました。それこそ、ハイレゾ試聴会はこれまでに浜崎あゆみさん、井上陽水さん、Awesome City Club、Jamie xxなど幅広くやらせていただいてます。

最後に、2017年の音楽シーン予測を。

ようやくSpotifyもローンチしてサブスクが出揃いましたよね。今までYouTubeでしかWEBで音楽を日常的に聴いてなかった人の選択肢や体験方法が変わると思います。これまでサブスクってApple MusicやLINE MUSIC、AWAなどありましたけど、メディア寄りではなかったなと思っていて。でも、Spotifyはプレイリストにメディア的影響力があるんですよね。Spincoasterでもプレイリストを定期更新してます。それこそ、Spotifyで有名人がプレイリストを作るだけで無名新人の曲がヒットするとか、それに近い現象が起こると思っています。あと、Spincoasterでは「TYPICA」というスマホアプリも出しています。国内の音楽WEBメディアにお声がけさせていただいて、RSS情報でニュースや記事を引っ張らせていただき、音楽特化型SmartNewsやGunosy的な音楽情報をユーザー別にお好みで整理して届けようというサービスを運営しています。近日中にサブスクとの連携や大幅リニューアルも行います。これまでテレビ、ラジオ、雑誌、WEBなど様々な媒体がありましたが、新時代の音楽メディアとして、アプリという切り口でも、新たな楽曲ヒットのきっかけを作りたいと考えています。そちらもよろしくお願いします。

Spincoaster

Spincoaster

2013年にスタート。洋邦の最先端の音楽情報を発信、独自のセレクトで楽曲を紹介。イベントのオーガナイズをしたり、南新宿で音楽バー「SPINCOASTER MUSIC BAR」も営業。

タグ: