MUSIC NEWS

2017.01.19

SPECIAL

MUSIC NEWS

MUSIC NEWS

一度壊れた脳はもとに戻らない
薬物乱用の基礎知識その3:精神の障害

薬物乱用の基礎知識その3:精神の障害

覚醒剤、コカイン、MDMA、LSD、マジックマッシュルーム、大麻、シンナー、ヘロイン、睡眠薬や精神安定剤などの向精神薬(適正に使う場合を除く)や、危険ドラッグ(脱法ドラッグ)などの「薬物」を乱用すると(一度でも乱用です)、やめたくてもやめられない「依存性」を形成し、乱用を繰り返すうちに「耐性」が生じ量が増えていくなど、とり返しがつかない悪循環に陥ります。薬物を乱用すると、中枢神経がおかされ、肉体的にも精神的にも障害が現れます。たとえば、実在しないものが見えたり(幻視)、実在しない音が聴こえたり(幻聴)、また、考える力が弱くなり、記憶も薄れます。一度壊れた脳は、もとには戻りません。すぐにやめられるから一度だけ…と思ったら大間違いなのです。薬物には絶対に手を出さないようにしてください!

NO DRUGS! YES TO LIFE!

薬物のことで困ったときは相談してください。(匿名で相談できます)

・東京都立中部総合精神保健福祉センターTEL 03-3302-7711

・東京都立多摩総合精神保健福祉センターTEL 042-371-5560

・東京都立精神保健福祉センター03-3834-4102
(いずれも月〜金 9時〜17時 ただし祝日・年末年始を除く)

・東京都夜間こころの電話相談TEL 03-5155-5028
(17時〜22時 受付は21時30分まで)

タグ: