特集記事

2016.11.15

SPECIAL

特集記事

一目でわかる!!「1986年」

それまでとそれからも見える
一目でわかる!!「1986年」

「1986年」にはどんなことが起こり、どんな曲がヒットし、音楽産業の規模はどれくらいだったのか。流れが見えやすくなるように、ここでは80年代前半と後半のトピックもあわせて紹介。おニャン子クラブが大ブームのなか、日本のロックが巨大化の兆しを見せ始めていることがここから見えてくるはずだ。

1981年

・タワーレコード渋谷店(2号店)がオープン(1号店は1980年の札幌店)
・アメリカでMTVが開局

1982年

・フィリップスが世界初のCDソフト(ABBA)を製造
・ソニーが世界初のCDプレーヤーを発売
・マイケル・ジャクソンが『スリラー』をリリース

1983年

・インターネットが開始
・尾崎豊がデビュー
・YMOが散開

1984年

・レベッカ、TMネットワークらがデビュー
・チケットぴあがスタート

1985年

・ラウドネスが『THUNDER IN THE EAST』でアメリカ進出
・ザ・ブルーハーツ結成
・国立霞ヶ丘陸上競技場(国立競技場)で“ALL TOGETHER NOW”開催
・USA for Africa「WE ARE THE WORLD」がリリース

1986年

主な出来事[時事]

・スペースシャトルのチャレンジャー号が爆発
・フィリピンのマルコス大統領が国外脱出
・チェルノブイリ原発が爆発

主な出来事[日本の音楽]

・CDの生産がLP(25・30cmディスク)を初めて上回る(※17cmシングルを含めた総数では8cmCDが登場した1988年に初めて上回る)
・レンタルレコード店のCD貸し出しが解禁
・オリコンシングルランキングでおニャン子クラブ関係曲が52週中36週で1位を獲得
・サザンオールスターズが活動休止、KUWATA BANDを1年間の期間限定で結成
・『歌のトップテン』が放送開始
・ X(現X JAPAN)のYOSHIKIがインディーズレーベルのエクスタシー・レコードを発足
・THE ALFEEが日本初の単独10万人コンサート“TOKYO BAY-AREA”を東京湾13号埋立地で開催
・任意団体として音楽制作者連盟が設立
・『ミュージックステーション』が放送開始

1987年

・BOOWYが渋谷公会堂で解散宣言
・おニャン子クラブが解散

1988年

・8cmCDが登場
・東京ドームが落成
・BOOWYが東京ドームで解散
・坂本龍一が『ラストエンペラー』(1987年公開)でアカデミー賞作曲賞を受賞

1989年

・昭和天皇崩御で年号が「平成」に
・『イカ天』(『平成名物TV 三宅裕司のいかすバンド天国』)が放送開始
・ベルリンの壁崩壊

1990年

・B.B.クィーンズ「おどるポンポコリン」が大ヒット
・ザ・ローリング・ストーンズ、 ポール・マッカートニー初来日

タグ: