特集記事

2016.09.13

SPECIAL

特集記事

LOFT9 Shibuya 石崎典夫さん

NEW LIVEHOUSE LOFT9 Shibuya 石崎典夫さん
LOFT9 Shibuya店長

渋谷円山町のライブハウス激戦区に7月1日に新たにオープンした、ロフトプロジェクト9番目のライブハウス。トークライブが中心だが、昼間はロフト初のカフェ営業を。プラスワンの店長だった石崎店長に、話を聞いた。

text:吉田幸司

何が起こるかわからない、予定調和じゃない
ってところがトークライブの醍醐味ですね。

若いカルチャーに注目したイベントをやっていきたい

ロフトプロジェクト9番目のライブハウスで、渋谷にできるのはグループ初ですよね。どんな特色を出そうとしました?

カフェをやるっていうのが第一条件としてあったので、外のテラスの部分をガーデニングっぽくしたり、ブックカフェをやりたいっていう。うちが選んだ本を置いて、好きなように読めるし買えるしみたいな。あとギャラリーもやろうって。昼はカフェなんで、そういういろんなものを組み合わせながらやって、夜はイベント。トークライブ中心なんですけど、弾き語りもできるっていう。で、深夜はバータイム。演者さんとお客さんが交流できる時間帯も作って、コミュニケーションも大事にするっていう。

ロフトイズムの“ロッキンコミュニケーション”ですね。カフェもグループ初ですが。

だから手探りですよ。カフェ経験者がバイトスタッフしかいないんで(笑)。時間もなかったし、えらい大変でした。4月に工事を始めて、6月で終わってたはずだったんですけど、今(8月上旬)も工事やってますからね(笑)。

トークイベントにはどんな特色を?

プラスワンのほうは歴史もあるし、スケジュールも埋まるようになったんですね。ありがたい話ですけど、もうちょっと若い血を入れたいというか。ライブハウスは若い人のためにあると思っているので。ただ、トークライブって特殊なんですね。いろんな人生経験を重ねて円熟味を増していかないと。やっぱり地獄を見てきた人のほうが話が面白いじゃないですか。でもシーンの底上げじゃないですけど、これからのカルチャーであったりこれからの人に注目していくライブハウスにしたいと思ってますね。

若い世代にも面白い人は絶対いると。

そうなんですよ。ロフトってもともと実験のハコなんで、挑戦したいっていうのがあって。ここは全部開けっ放しにすると、キャパが120〜130くらいになるんですよ、座りで。でも間を仕切って、カフェをそのままやるっていうやり方もできるし。そうなると、イベントは50人くらいでも成立するんですよね。

人数調整もしやすいと。歌舞伎町にくらべて若者が来やすいのもありますよね。

歌舞伎町は歌舞伎町で、その色を活かしてたくさん下世話なイベントをやってきたんですけど(笑)、ここは渋谷のカラーに合った、若いカルチャーに注目したイベントをやっていきたいなって。せっかくこの上にユーロスペースがあるし、シネマヴェーラもあるし。若い映画監督さんで面白い人っていっぱいいるんですよ。芸人もそうですし、20代で面白いことやってる人はいるんですけど、なかなか世に出られない。あと若いミュージシャンのトークライブもやっていきたい。とにかく面白いことをやってる連中をいち早くつかまえたいですね。

よくしゃべるミュージシャンがいたらぜひ教えてほしいですね

そもそもトークライブの面白さとは?

何が起こるかわからない、予定調和じゃないっていうところが醍醐味ですね。だから僕、ずっと期待しながらやってるんです。何か起こらないかなって(笑)。

普通は、その日が何事もなく無事に終わることが理想だと思うんですけど(笑)。

いや、僕もそうでありたいとは思うんですよ(笑)。でも、心のどこかに予定調和で終わらせたくない自分がいて。だから僕、毎日現場にいるんだろうなって。見逃したくないんですよ。「店長、昨日こんなことがあったんですよ!」みたいな(笑)。くやしくてしょうがないですよ、そういう話を聞くのが。だから毎日いてやろうと思って。

音楽マネージメントに伝えたいことを。

僕、あんまり音楽に詳しくないんですけど、プラスワンでやってて、バンドマンにもトークが面白い人はいるんだって知って。なので、MCがやたら面白いミュージシャンとか、よくしゃべりますよって人がいたらぜひ教えてほしいんですよね。あと、とにかくイベントをやってほしいです。主催側のニーズに合わせて、できるかぎりいろんなことに対応したいと思ってますので。

LOFT9 Shibuya

LOFT9 Shibuya

東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 1F
03-5784-1239
http://www.loft-prj.co.jp/loft9/


ユーロスペース、シネマヴェーラ、映画美学校が入るキノハウスの1Fにあり、昼間はジンやフリーペーパーも充実したカフェ「Cafe9」として営業している。キャパは座りで100〜130人。

タグ: