特集記事

2016.09.13

SPECIAL

特集記事

柏04 山内雅史さん

NEW LIVEHOUSE 柏04 山内雅史さん
柏ThumbUp、616、04統括店長

パルーザ、サンブアップ、616の系列店として7月1日にオープンした柏04。もともとは616に併設する練習スタジオをライブハウスにしたことで、2店舗同時開催のサーキット的な使い方も可能になったのが特徴的だ。

text:吉田幸司

両会場往来自由のサーキットを作ることに長けた
ライブハウスにしたら面白いかもしれないなって。

地元のバンドマンとしてここをつぶしたくないと

柏04とはどんなかかわりを?

僕、生まれも育ちも柏なんですけど、もともとは地元でがんばってたバンドマンなんですよ。ここはもともと柏ジャッジっていうライブハウスだったんですけど、閉店するという話が上がったときに、地元のバンドマンとしてここをつぶしたくないと。で、一緒にやってくれる人を集めて「やらせてください」って言って、僕が店長になって、616って名前で新たに始めようってなったのが2009年の2月ですね。

いい話ですね。

で、5周年のときに系列のサンブアップに異動になったんですけど、616に併設していたスタジオの跡地を使って新たにライブハウスを建てようって話になって。ここの04がオープンしたところで僕も入って、3店舗統括として見る形になったんです。

オープンは7月1日。もともとは616に併設する練習スタジオだったんですね。

要は地元の若手の育成を目的としていたんですけど、やっぱりスタジオ営業ってなかなか大変で。僕らは本業ではないので。そこを無理くり立て直すよりは、僕らはライブを作るライブハウスのプロなので、そっちに力を入れたほうがいいでしょうと。まあ、大変ですけど、うちはパルーザも経営しているので、4店舗目ですね、柏で。

4店舗のキャパの違いは?

パルーザが450、サンブアップが250、616と04は150くらいですね。ここはイメージ的に若い子を中心にと思ってます。

単純に、ライブハウスを広くしようという話にはならなかったんですか?

もともとここのバーカウンターはスタジオの受付カウンターでもあり、ライブハウスの受付カウンターだったんです。そこをいわゆる両会場共通のバーカウンターみたいな形にして、両会場往来自由みたいなサーキットを作ることに長けたライブハウスにしたら面白いかもしれないなと思って。それもひとつテーマにしているんです。

サーキットができるライブハウスに。

大学生のサークルだったり軽音部の貸し切りとかもあるんですけど、そういう子たちに話を聞くと、10組10組で20組とかあったら、それ面白いっすみたいな(笑)。

1会場だと20組を出すのは難しいけど、2会場あることでそれが可能になる。

そうなんです。あと他ジャンルとやりたいっていうマネージメントさんも多かったりするので。今ちょっと計画立ててるのは、04のほうはアコースティックで、616のほうはバンドでとか、違うジャンルも知ってもらおうよみたいな。そういう交流イベントもやれるなって、今動いてますね。

電波に乗っかるわけじゃないし言いたいことが言える場所

ライブハウスってどういう魅力があると思います? なかには、いまだに怖いっていう人もいると思うんです。

僕はライブハウスはずっとアングラのままでいていいと思っていて。音楽ビジネスのピラミッドの一番下にいて音楽文化を支える。ピラミッドの上にいけばいくほどどんどんビジネスミュージックになっていくじゃないですか。だからライブハウスが廃れたら、どんどん音楽文化は面白くない方向になっていくんだろうなって思うんで。こういうものが表現したいですって、電波に乗っかるわけじゃないんだから言いたいことが言えるし。何でもあり、自由な空間であってほしいなと思いますね。

テレビでは観られないものが観られると。ジャンルの傾向はあります?

僕は基本的に、地方ライブハウスはジャンルを絞っちゃダメって思っていて。聴きに来るいろんな人が、あ、こういう音楽もあるんだって。特に若い子にそういう刺激を与える場所であってほしいから、基本的にノンジャンルで組みたいと思ってますね。

地元のバンドもプッシュを?

そうですね。今後もどんどん地元を発掘していきたいと思いますし、せっかくステップアップができるライブハウスの系列を持ってるんで。ヒーローを作りたいですね。

柏04

柏04

千葉県柏市中央町7-26 栄ビルB1F
04-7168-3688
http://www.kashiwa-616.com


すぐ隣にある柏616とエントランスを共有したライブハウス。単独でのキャパはスタンディングで150、椅子設置で50人だが、616との同時開催で最大300人の収容が可能に。

タグ: