MUSIC NEWS

2016.09.13

SPECIAL

MUSIC NEWS

MUSIC NEWS

薬物に手を出さないために!
薬物乱用の基礎知識その1:薬物乱用とは?

薬物乱用の基礎知識その1:薬物乱用とは?

「薬物乱用」とは、医療目的のない薬物を不正に使用することであり、医療品であっても医療目的から逸脱した使い方をすれば「乱用」に当たります。また、一回使うだけでも「乱用」になります。乱用の危険性がある薬物には覚醒剤、コカイン、MDMA、LSD、大麻、シンナー、ヘロインなどがあり、睡眠薬や精神安定剤などの向精神薬(適正に使う場合を除く)や違法ドラッグ(危険ドラッグ)も同様です。それらを乱用すると、中枢神経に作用し、やめたくてもやめられない「依存症」を形成します。また、乱用を繰り返すうちに「耐性」が生じ、量が増えていきます。乱用をやめて治療しても、突然フラッシュバック(再燃現象)が起こることもあります。薬物乱用は法律で厳しく罰せられるのはもちろん、あなたの精神や体を激しくむしばみます。絶対に手を出さないでください!

NO DRUGS! YES TO LIFE!

薬物のことで困ったときは相談してください。(匿名で相談できます)

・東京都立中部総合精神保健福祉センターTEL 03-3302-7711

・東京都立多摩総合精神保健福祉センターTEL 042-371-5560

・東京都立精神保健福祉センター03-3834-4102
(いずれも月〜金 9時〜17時 ただし祝日・年末年始を除く)

・東京都夜間こころの電話相談TEL 03-5155-5028
(17時〜22時 受付は21時30分まで)

タグ: