特集記事

2016.07.12

SPECIAL

特集記事

SANUKI ROCK COLOSSEUM 寺坂淳一さん

interview SANUKI ROCK COLOSSEUM 寺坂淳一さん
デューク
duke recordsプロデューサー

四国のサーキットといえば、高松瓦町の商店街に密集したライブハウス間で毎年春に開催されている“サヌコロ”。発起人がバンドだったというのもユニークだが、商店街の活性化につながっている、まさに街ぐるみのイベントだ。

text:吉田幸司

ライブハウスを出たときに現実に戻らないように。
街全体がサーキットしてますっていうのは続けたい。

四星球の北島がやりたいって言ってきたのがきっかけ

2010年、どんな思いでスタートを?

その3年前ぐらいから漠然とした構想はあったんです。ただ、そのきっかけがなかったというか。そしたら、弊社でレーベルやライブ制作を担当している四星球のボーカルの北島がライブサーキットをやりたいって言ってきて。それで四星球と共同してやれたらいいねっていうのを会社に提案して、デュークは“MONSTER baSH”もあるからそれとリンクして開催することになりました。

お手本にしたサーキットはあります?

SXSW(サウスバイサウスウエスト)ですね。本当に街自体がやってるんだなっていうのが、いわゆるライブサーキットの原点なのかなと思っていて。で、SXSWに近づけるにはってところで思ってたのは、商店街が閉まってるところも多く、この商店街の方も喜ぶ仕組みをどう作るかというところで。

商店街がキーワードなんですね。

そうです。商店街のなかに密集しているんですよ。ライブハウスがたまたま。4回目までは、1ヶ所ちょっと離れたところがあったんで、その間にある廃墟を使ってライブハウスを作ったんです、その日限りの。それによって一直線に、徒歩5分以内に会場が全部つながったんです。あと、商店街の両脇に長机を並べて、そこで1日中、出演者が露天スタイルで販売しているんです。演者もお客様も関係なくそこをうろうろしているし、お客さんとの距離感がとてもいいと思います。全部屋根のなかで動けるんで、移動も含めて雨の影響があまり関係なく開催できていますし。

商店街ならではですね。

そうですね。あと商店街の組合と話しているのは、ロゴをお貸しするので自分たちで商売してもらいたいというお願いを毎年してるんです。たとえばTシャツを作りたいというお店が出たら、それがオフィシャルのお店って告知して、僕らはTシャツは作らないんです。いわゆる商店街との協力に関しては、市の担当の方と打ち合わせしていますね。

お客さんもバンドもライブハウスも街も喜んで終わるのが毎年の目標

告知スタイルにはどんなこだわりが?

HPは必要最小限のこと以外は、ほとんど何も載せてないです。出演者の名前のみを発表していますが、ライブを観てもらえたら良いと思ってもらえると思っているので、どんなアーティストかはお客さんが調べる努力をして興味を持ってもらえたらいいなと思っています。僕らもアナログのプロモーションを忘れかけてるところがあったんで。口コミでどうやって広げるかっていう努力も忘れないようにしたいなって。

こだわりがすごいです(笑)。

はい(笑)。FM香川さんにお願いして、生放送を商店街のスピーカーで流したり、トークライブをやるっていうのも一回目からのこだわりで、それをフリースペースでやっています。あと、地下広場があるんですけど、そこにステージを組んで、ライブハウスと同じくらいの音量でライブをやってます。そこがパスの引き換え所なんですけど、引き換え開始から5分後に、各ライブハウスがピックアップした地元のバンドがライブをしていて。ほかの会場がオープンするまで3時間くらいあるんで、その間に観てもらっています。それは無料会場なんですね。四星球がオリーブホールの1番目と地下広場のトリ、その2ステージを1回目からやり続けてるんですけど、最後は無料会場で終わるっていうのもある意味こだわりですね。一番大きいところじゃなくて、もともと何もない無料の会場で終わるっていうのはこのイベントの「らしさ」というか。お客さんも街もバンドもライブハウスもスタッフもみんなが喜んでもらって終えることが毎年の目標なんです。

将来的な目標というと?

エリアの拡大はしない(笑)。

あくまで商店街でまかなえる規模感と。

はい。やっぱり距離感を大事にしたいので。お客さんと出演者の距離感もそうだし、端から端のライブハウスまで5分っていうのはほかのサーキットではないと思うんです。あと、ライブハウスを出たときに現実に戻らないようにしておきたいっていうか、街全体がサーキットしてますっていうのは出し続けたい。それで初めて街中が盛り上がってることになると思うし。その意味では高松だからできたとは思いますね。あと、最終的には夏祭り、春祭りのように、県や市の恒例行事のひとつになってくれたら面白い。それが目標かもしれないですね。

MbS×I?RADIO 786 SANUKI ROCK COLOSSEUM 〜BUSTA CUP 7th round〜

MbS×I?RADIO 786 SANUKI ROCK COLOSSEUM 〜BUSTA CUP 7th round〜

3月20日(日)〜21日(月・祝)
※高松瓦町周辺のライブハウス5ヶ所と瓦町駅地下広場で開催済み

タグ: