特集記事

2018.07.19

SPECIAL

特集記事

小林美憲さん 東洋化成株式会社 ディスク事業部 レコード営業課 課長

名匠に聞く!
プレスメーカー

小林美憲さん
東洋化成株式会社 ディスク事業部 レコード営業課 課長

一時はアジア唯一のレコードプレスメーカーとなったが、それでも半世紀以上にわたってレコードを作り続けている東洋化成。職人ならではの見地からレコードの魅力を語っていただいた。

text:阿刀“DA”大志

デジタルデータは“階段”、
レコードの音は“坂道”なので、なめらかな気持ちよさがある。

レコードは工業製品でありながらアート作品でもある

レコードはどうやって作られるんでしょうか?

工程としてはいくつかに分かれています。まずは、カッティングという原盤を作る作業があります。原盤が作られたあと は、そこからレコードのプレス機に取り付ける型を製作するメッキという作業があります。原盤は表面が柔らかく、溝もあるの で、そのままではプレス機に取り付けることができません。なので、メッキで金属の型を作ります。それをプレス機に取り付けてレコードをプレスし、ジャケットに入れて納品するという流れになります。

アナログレコードを作るにあたってこだわっていることは?

まず、アーティストさんが作ったマスター音源になるべく近い形で再生させたいというのがひとつ。あと、レコードを作るにあたって、レコードの反り、傷、汚れといった再生に影響を与えてしまう不具合がないように、そこは本当に気を使っています。せっかくアーティストさんにレコードを作ってもらえるのだから、よりよいものを作りたいっていう気持ちが一番ですね。

生産管理の部分はかなり神経を使いそうですね。

レコードは工業製品でありながらアート作品でもあるので、工業製品としての理屈だけでは通らない部分があるんです。見た目がきれいにできたレコードでも、少しでもノイズが入ったらダメですし、音が良くても見た目に問題があればNGになってしまう。なので、工業的なこともわかっていなければならないし、音楽としてもわかっていなくてはならない。そういったバランス感覚が必要とされますね。

東洋化成

カッティングでできた原盤から、プレス機に取り付けるための金属の型を作り(メッキ)、そしてレコードをプレスする。

ノイズが「あたたかい」のは生活環境的な理由もあるのかも

レコードはCDよりも音が良いと言うリスナーが多いですが、具体的に説明していただけますか?

CDとは違って、レコードは物理的に溝を掘っていくので、どういう音がどういう音量で入るのかわりと制限されてしまいます。なので、溝を物理的にうまく収めるために調整しなければいけないんですが、逆に言うと、聴きやすい部分にフォーカスする、疲れない音にまとめることができます。

なるほど。

いっぽう、CDに入っているデジタルデータは“0”と“1”の連続で成り立っているので、それがどんなに細かい単位になろうと、階段みたいに“音の段差”があるイメージになってしまう。それに対してレコードの音は“坂道”なので、なめらかな気持ちよさがあると思います。

わかりやすいです。

レコードにはノイズがあると言われますが、それはいいほうに作用することもあると思うんです。普段生活をしているうえで、まったくノイズがない環境ってあり得ないじゃないですか。ノイズが「あたたかい」と言われるのにはそういう生活環境的な理由もあるのかもしれないですね。

では、ハイレゾとレコードの違いは?

ハイレゾは上から下まで本当に幅広く音を入れることができる。つまり、器がすごく大きい。アナログもポテンシャルとしては器は大きいんですが、たとえ収録できたとしても、再生するときに針が拾えないぐらい細かい溝になってしまうので、レコードで聴きやすい形までもっていきます。個人的には、音の太さや迫力の部分ではレコードが秀でてる気がしますが、音のレンジでいうとハイレゾはすごいと思いますね。

レコードとハイレゾで迷うときは何を判断基準にしたらいいんでしょうか?

個人的には、曲の隅々まで細かく聴いてみたいっていう場合はハイレゾがいいと思います。いっぽうで、アナログは聴き疲れしないというのがメリットのひとつとしてあると思ってるので、ゆったりと聴きたいときはレコードかなって感じですね。

アナログの重要性というのはどういうところにあると思いますか?

アナログレコードはジャケットや解説があったり、アート作品としても機能します。データの場合も音楽を聴くという体験としては一緒ですが、作品として見たときにまったく同じとは思えないんですよね。ジャケットが凝っているアーティストさんもいるし、解説を読みながらアーティストさんの背景を想像しながら聴くという付帯情報と一緒に楽しむか、音楽だけを楽しむかという違いだったりとか、総合芸術というと大げさですけど、ただ聴くだけじゃない楽しみがあると思います。

TOYO KASEI

1959年創業。レコードプレスはもとより、カッティング、印刷などまで行い、「アジアいち」と言われるレコード製造会社として知られる。

タグ: