特集記事

2018.07.19

SPECIAL

特集記事

志田鷹平さん 株式会社ディーアンドエムホールディングス 国内営業本部 営業企画室 マーケティンググループ

名匠に聞く!
オーディオメーカー

志田鷹平さん
株式会社ディーアンドエムホールディングス 国内営業本部 営業企画室 マーケティンググループ

創業約100年の老舗であり、50年以上ものベストセラーカートリッジを販売しているオーディオブランド、DENON(デノン)に、最新のオーディオ事情を聞いた。

text:吉田幸司

針を落とすという儀式的なところも
かなり刺激的な行為だと思うのでぜひやっていただきたいですね。

使い方がわからないというお問い合わせも多いですね

アナログブームと言われてますが、実際にそれを感じてはいらっしゃいますか?

はい。ひとつは大手量販店さん含めてオーディオショップさんでのラインナップ自体が非常に増えていますので。要は、お客様からのお問い合わせがお店から上がって、それに応えて各メーカーがラインナップを増やしたり、今まで出していなかったメーカーさんも出しているような状態です。実際にニーズ自体が非常に高まってるなというのは肌として感じられますね。

ユーザーの声にはどのような傾向が?

ここ数年はアナログレコードを聴いてみたいという初心者の方からの問い合わせを多くいただいていますが、そもそも使い方がわからないという方が多いようです。レコードプレーヤーを用意しても、音がそのまま出るわけではないので、そのために何が必要かがわからず戸惑われる方もいらっしゃるようです。

DP-29F

デノンのエントリー機種、DP-29F。フルオートプレーヤーで、店頭価格で1万円程度。

アナログレコードに初めて触るような人も増えているということですね。

そうですね。弊社でいうとDP-29F(写真)というエントリー機のお問い合わせが多いのですが、最近はそこから中級機、上級機にステップアップされる方も増えています。

これまでアナログレコードプレーヤーはどう進化してきているんですか?

アナログプレーヤー自体はシンプルな機構なので、最先端の機能を入れるというよりは、技術を研ぎすませていくという感覚ですね。ただ、最近ではアナログレコードを買って、それをスマホやデジタルオーディオプレーヤーに入れて外にも持ち運びたいという方もいらっしゃいますので、USBメモリにデータ録音できるプレーヤーも出てきています。

レコードの読み取りに必要なカートリッジも歴史があるようですが。

カートリッジに関しては、福島県の白河市にある自社工場にて、手作業で生産しています。手に取りやすい価格帯からラインナップを揃えており、国内外でファンが根強くいらっしゃいます。特にDL-103というカートリッジに関しては、もともとNHKのFMステレオ放送用に開発したプロ用機器で、50年以上作り続けています。アナログレコードファンなら誰でも知っている超ロングセラーモデルですね(写真)。

DL-103

もともと放送局用に作られ、50年以上のロングセラーを誇るカートリッジ(レコード針)、DL-103。

アンプとスピーカーとプレーヤーをぜひ揃えていただきたいです

そういったなかで、デノンが考えるアナログの魅力とは何でしょう?

これは私個人の感覚になってしまいますが、ハイレゾデータとはまた違う音の厚みや密度感が魅力なのかなと思いますね。音源のジャンルによって異なりますが、たとえばベースやドラムのキックひとつでも、その分厚さやアタックにアナログ独自の心地よさを感じます。

オーディオメーカーがおすすめする、アナログレコードの正しい聴き方というのをご教示いただければと。

正しい聴き方ですか(笑)。レコードのジャケットを飾って、そのまま、という方もいらっしゃるかもしれませんが、まず針を落としてみようというところですね。そこの過程を踏んでいくと、今までCDとかiPhoneでやっているボタンひとつでという作業とはまったく違う、儀式的なところが出てくると思うんですけど、そこはかなり刺激的な行為だと思うので、ぜひやっていただきたいですね。

これからアナログレコードを楽しみたいという方にアドバイスをお願いします。

レコードプレーヤーに簡易的なスピーカーが付いているタイプも便利なのですが、アナログレコードのポテンシャルを活かすのであれば、ぜひアンプとスピーカーを用意していただきたいです。圧倒的に音が違うので、ぜひ一聴してほしいです。せっかくこれだけ大きい盤をわざわざ買ってるわけですし、それを小さなスピーカーで聴くのはさみしいですしね(笑)。なので、セッティングとしてはアンプとスピーカーとプレーヤーをご予算の範囲で揃えていただくのが、ちゃんとアナログを楽しむうえでの基本的なところなのかなと。

とりあえず聴くにはポータブルでいいとして、そこで針を落とす楽しみをおぼえたら、ぜひオーディオ機器を一式揃えてほしいですね。

そうですね。アナログプレーヤーを含めて、弊社は原音に忠実に再生するのをモットーにオーディオの製造をしておりますので、今後もそこはブレずにやっていきたいと思います。

DENON

1910年に前身会社設立、日本初のレコード・蓄音器製造会社、および日本初の業務用録音機器製造会社を起源とするプレミアムオーディオブランド。

タグ: