特集記事

2017.09.15

SPECIAL

特集記事

岡田卓也さん(e☆イヤホン)

#2_「良い音」聴く環境(イヤホン/ヘッドホン)編
岡田卓也さん(e☆イヤホン)

「イヤホン王子」の異名を持つ、イヤホン/ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」の岡田さん。ご自身でも100本以上のコレクションがあるというイヤホン界のカリスマに、最近の潮流や、セレクトのアドバイスをいただいた。

text:吉田幸司

2017年のトレンドは“5千円以下”。
3千円でもすごいのがいっぱい出ています。

音楽を聴く用途にだけじゃなく買われている方も多いですね

今の時代のイヤホンの魅力というと?

やっぱりどこにでも“良い音”を持ち運べることが魅力なんですが、今スマホひとつで何でもできてしまうなかで、動画を観る方もゲームをする方もすごく多いですし。音楽を聴く用途にだけじゃなく買われている方も結構多いですね。

それこそ電話でも使えるし。

だから必需品のひとつに溶け込めたというか、何をするにもスマホとセットで使えるというのが今のイヤホンの魅力ですね。

ヘッドホンのほうはどうですか?

イヤホンとヘッドホンって、昔は6:4くらいだったんですけど、今は9割がイヤホンで、1割がヘッドホンという感じなんですね。ヘッドホンのほうはもうファッションアイテムとして音は関係なしでデザインだけで生きるか、超高級でマニアだけに向けたものの2つしかなくて。しいて残っているカテゴリとしては、子供用に音量制限をしているかわいいヘッドホンはすごい人気があるんですけど、ほかはもう…。

イヤホンは今、どれくらい進化しているんですか?

この10年ですごい進化していて、ワイヤレスでケーブルが左右つながっていないものが出てきたり、片耳にドライバーユニットをたくさん積んでいたり。最高だと24基までありますので。ドライバー革命が起きたのがだいたい2007年ぐらいなんです。

ドライバー革命?

もともとスピーカーを小さくしたようなダイナミックドライバーが入っていたんですけど、補聴器用ユニットのバランスドアーマチュアというドライバーが高級機にどんどん使われ始めたのがそれぐらいで。得意、不得意はもちろんあるんですけど、音を鳴らす部分がすごく進化したんです。

一昔前は高ければ高いほど音が良いと言われていましたけど、値段との相関関係は今どうなっているんですか?

2017年のトレンドは“5千円以下”なんです。5千円以下でどれだけ良い音が鳴るイヤホンが作れるかの価格競争になっていて。安くてもめっちゃ音のいいものもたくさんありますし。高いものは高いものでどんどん高くなっていってるので、極端に二極化している感じですね。今は5千円、というか3千円でもすごいのがいっぱい出ていて。昔はケーブルが付け替えられたり筐体が金属だったら1万円以上とかだったのが、今は5千円でケーブルも替えられて筐体が金属のものがあったり。ダイナミックドライバーとバランスドアーマチュアを使ったハイブリッド型が3千円で買えたり、めちゃくちゃなことが起きています(笑)。

イヤーピースをちゃんと選ばないとイヤホンの本来の音が耳に届かない

音楽好きの人におすすめの機種は?

バンドをやっている方の間で人気なのがSHUREのSE215というモデルで、店頭価格で1万円内ですけど、ステージのモニタリングにも使えて普段も使えて、これを買っておけば間違いないみたいな機種ですね。安いところだとKINERAというブランドがハイブリッド型で3千円台のを出していて、さらにケーブルも交換できたりとか。もうむちゃくちゃなんですよ(笑)。

「良いイヤホン」を定義すると?

第一条件として、やっぱり違和感のないことがすごく大事じゃないかなと思いますね。違和感があるということは心地よくないということで、疲れたりするし。

フィット感も含めて。そういう意味ではいろいろ試してみることが大事ですね。

ですね。うちが一番売りにしているのは、全部聴けるんですよ。高いものも。どれでも聴いてください、そのなかで一番良かったものをお買い求めいただければという。あと、イヤーピースって結構大事で。イヤーピースをちゃんと選ばないとイヤホンの本来の音が耳に届かないんですよね。左右でも耳の大きさは違うし、合ってないと低域が抜けるし、大きすぎると高域が消える原因になってしまうので。

自分の耳に合ったイヤーピースに付け替えることも大事なんですね。

付属でもS、M、Lを左右で聴いて選んでほしいですし、装着感もすごい大事なので。うちで今、イヤホンのイヤーピースをオーダーメイドで作るというサービスもしていて。うちのIEM専門店の地下に補聴器屋さんを入れていて、そこで耳型が取れるんです。耳型を取れて、かつその場でイヤホンをオーダーできるところって、世界でもたぶんうちくらいじゃないですかね。

岡田卓也 PROFILE

岡田卓也

WEBはもちろん、秋葉原をはじめ東名阪に実店舗を持つイヤホン/ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」を運営する株式会社タイムマシンの事業本部長兼CC本部部長/PR本部部長。『マツコの知らない世界』などメディアでもおなじみ。

岡田さんおすすめイヤホン

「SE215」は、数々のアーティストのイヤモニにも使われるユニバーサルタイプのイヤホン。「KINERA」は低域用にダイナミック型、中高域用にBA型ドライバーを搭載したハイブリッド型イヤホン。

タグ: