この学生サークルがすごい!

この学生サークルがすごい!

vol.07 学生ジャズプロジェクト

学生ジャズプロジェクト

2012年に「代々木ジャズフェスティバル実行委員会」としてスタートし、2013年12月より団体名を改め再スタート。ジャズを知らない一般の人も楽しめるイベントを主催している学生団体。

学生ジャズプロジェクト

代表の本田拓海さん(中央大学4年生)

ジャズは難しい音楽じゃないというのを伝えたい。

はい。去年度の“JazzLine2015”は雨天で中止になってしまって…今年度は委員も少なく、実はかなり厳しい状態なんです。このまま中止になって、学生ジャズプロジェクトがなくなってしまうのは絶対に避けたいので、地道に活動をしているところです。

参加しているのはどんな学生ですか?

基本的にジャズ研の人たちが興味を持ってくれるので、ジャズを盛り上げたい!という気持ちがある人や、楽器ができる人です。

楽器ができない人もいますか?

過去、数名いました。ウェブ関連が強いとかデザインができるとか、楽器以外でもそういうスキルがあると助かります。楽器ができる人はバンドの横のつながりが活かせるような仕事、そうじゃない人にはイベントの企画やデザインの仕事というふうに、役割分担ができたらいいなと思っています。

本田さんが参加したきっかけは?

2年生のときに、先輩にいろんなセッションに連れていってもらったりしているなかでこの団体を知って。いろんな大学との交流を深めたいなと思って入りました。

実際、入ってみてどうでしたか?

覚えることが多くて大変だったり戸惑うことも多いんですが、今までかかわったことのない、いろんな人たちとかかわれて、仕事での対応や気遣いを学べました。プロジェクト自体は学生だけで構成されているんですが、OBの方たちの協力や助言はあります。そことのかかわりも魅力のひとつです。

やっていて良かったと思う瞬間は?

主催イベントで、関西から来たバンドと、関東のジャズ研のバンドでセッションをしたんです。それがきっかけでバンドを組んだとか、仲良くなってその後もライブをやるようになったと聞いたときですね。イベントを通してそういうつながりができて、喜んでもらえるというのはうれしいです。

逆に、大変なことは何でしょう?

やっぱり人を集めること。ステージの設営や事務的なことは、先輩がやってきたことに従ってやればいいですけど、活動に協力してくれる人や興味を持ってくれる人を探すのが一番大変ですね。

プロジェクトとしての目標は?

まずは今年度の“JazzLine2016”をしっかりと成功させて、次世代に学生ジャズプロジェクトをつなげたい。あと、いろんな人を巻き込んだことがしたいですね。ジャズ研のなかにもパンクやロックが好きな人もいるかもしれないし、それなら軽音の人たちとジャズをやってみようとか、高校の吹奏楽部の人たちを交えてジャズを体験してみようとか、もうちょっと面白い、いろんな人を巻き込んだこともできると思うんです。高校って、吹奏楽部や軽音部はあってもジャズ研っていうのはなかなかないので、大学生からジャズを始める人がすごく多いんです。楽器はできるけど、ジャズは聴いたことがないっていう人が多い。だから、高校生のときにジャズに触れる機会があったらいいなと。過去には、“Do!Jazz教室”という高校の教室でジャズのレッスンをする企画もありましたし。音楽を好きな人に、ジャズって難しい音楽じゃないんですよというのを伝えられたら、集客にもつながって、ジャズを聴いてくれる人も増えるのかなと思います。

では、ロックやパンクが好きな人に伝えたい、ジャズの魅力って何でしょう?

ジャズの一番の魅力は、即興だとかアドリブ。セッションがすぐにできるので、音でコミュニケーションを取れるところが強みだと思います。だから、観てもらいたいっていうのもありますけど、セッションに参加してもらえると一番いいですね。“JazzLine”では、手作り楽器に触れてもらうブースなど、参加型のコンテンツも考えていますよ。

主な活動

1. “JazzLine2016 プレイイベント”
1. “JazzLine2016 プレイイベント2”

1. “JazzLine2016 プレイイベント”

3月27日にお台場潮風公園で行われた。参加費無料でバーベキュー付き。東洋大学の「音ぴりか」等が出演。

2. “Winter Jam Session”

2. “Winter Jam Session”

2015年2月に池袋SOMETHIN' JazzClubで行われたジャムセッションイベント。2014年8月にも、同会場で“Summer Jam Session”を行った。

告知!

“JazzLine2016”

5月29日(日)開催予定!

詳しくは公式ツイッター(@gakusei_jazz)をチェック!

タグ: